#2 子ども×クリスマス映画!


メリークリスマス! ケーキの焼き時間中に記事書いてます、らつです。


「クリスマス映画」といえば、皆さんはどの作品を思い浮かべますか? 某ロードショーで有名なのは『ダイ・ハード』と『ホームアローン』ですね! 説明不要な気もしますが、改めてこの二作品もご紹介!



『ダイ・ハード』

 1988年 監督ジョン・マクティアナン


クリスマスパーティーの真っただ中、会場であるビルに金を奪おうと企む一味が乱入。人質には妻も含まれていると、NY市警察刑事ジョン・マクレーンは一人そのビルに突入する――!?


髪の毛が生えてる……!!


――のはともかく、この映画はアクション好きならとりあえず観とけ! な、定番アクション映画ですね!

個人的に1が好きなのでその予告編を載せました。ハリー・ポッターのスネイプ役で有名なアラン・リックマンが悪役で出ているし、ストーリーも良いので……。(あっ、でも3も好きです……)

けど「世界一不運な男」ってキャッチコピーを見ると、(こんな状況下で生き残ってるからむしろ世界一幸運なのでは)って思います。




『ホームアローン』

 1991年 監督クリス・コロンバス

とある大家族がクリスマス旅行当日に寝坊をし、末っ子ケビンを置き去りにして航空へ向かってしまう。一方ケビンは夢の一人暮らしを十分満喫。だがそこへ、2人の泥棒がやってくるのだった……。


子どもの頃観てて楽しかった映画です! ケビンが繰り出す様々な撃退方法に、泥棒達の滑稽なリアクションが面白くて飽きのない、こちらも定番の映画ですね!

この主人公ケビンを演じたマコーレー・カルキンですが、大人になった今、Googleとコラボしてホームアローンのパロに出演した動画が話題です。「あの時は一人だったけど、今は隣にGoogleがいるよ」というCMです。






テレビがいつも同じ作品を流すと、それが恒例になっちゃいますよね。他にも『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『グリンチ』『三十四丁目の奇蹟』……たくさんのクリスマス映画がありますが、皆さんにとってはどの映画が恒例でしょうか??


「私のクリスマス映画はこれ!」というものが、私にもあります。子どもの頃に観ていて好きだった作品です。今回は最後にそれをご紹介!

では皆さん、良いクリスマスを!




『ポーラー・エクスプレス』

 2004年 監督ロバート・ゼメキス

サンタクロースを信じない少年の元に現れたのは、子どもたちを乗せた一つの蒸気機関車だった。北極点へと向かうまでの大冒険の中で、少年は自分の大切なものに気づいていく……。


ゼメキスによる、モーションキャプチャーを使ったフルCG映画です。車掌やサンタクロースはトム・ハンクスが演じています。

たくさんのプレゼントに賑やかな雰囲気、そしてハラハラする冒険シーンは子どもの夢満載です……! 銀の鈴や金色の切符などは、今でもよく覚えています。

そして何より重要なのがココアのシーン!

観たことある人ならわかると思いますが、これがまた美味しそうなんですよね。

この映画を観るときは、ぜひココアと共に観てください!

(ら)


映画チア部京都支部

映画チア部京都支部とは・・・関西のミニシアターの魅力を伝えるべく結成された、学生による学生のための宣伝隊〈映画チア部〉の京都支部です。2018年5月発足

0コメント

  • 1000 / 1000